災害対応分野


CASE 災害対応用コンテナハウス

災害対応用コンテナハウスは、次世代リチウム蓄電池iCeLを標準で搭載することによって、最初に必要とされる電力を確保し、次のライフライン確保までの時間を稼ぐことができます。

さらに、追尾型太陽光発電装置と組み合わせることによって、グリッド(電力会社の電力)の接続を待たずに電力を調達可能です。

システム概要 ✔ 建築用コンテナハウス
✔ 追尾型太陽光発電装置 ElsoL
✔ 次世代リチウム蓄電池 iCleL

前のページに戻る